出雲おろち会員

会員一覧
協会長 連盟常任理事 下瀬 政記
dsc_0043-12
1989年に連盟入会。
当時転勤族でしたが、2000年に釣友の新田信昭会長設立の出雲おろちサーフに入会。2012年に同クラブ3代目会長に。2014年1月に島根協会設立と同時に協会長に。
以後、楽しく愉快な仲間とともに〝ルールとマナーを守って楽しみを釣ろう〟をモットーに現在に至っています。
ホームグランドの山陰の日本海は環境汚染も極めて少なく、そのきれいな海で大好きな釣りが出来る幸せを実感し、身近な海の幸に感謝している。
定年退職後は親睦釣り大会開催や釣り場のクリーンアップ活動などの諸行事を通じて、投げ釣り仲間はもちろん、多くの釣り好きの方々との親睦と楽釣のお手伝いをしながら〝釣りバカ人生〟を楽しんでいます。
連盟在籍26年目。島根県益田市在住。
クラブ名誉会員  新田 信昭
1971年に関西サーフに入会、その後島根県に帰省。
1996年に出雲おろちサーフを設立。本年1月に島根協会設立と同時に、同協会に移籍し、連盟在籍34年。
この間、1992年の第7回中四国交歓キス釣り大会優勝。2003年の第79回全日本カレイ大会他魚の部優勝。キスの自己記録は島根県大田市海岸で釣った34㎝。
   深石 達也
140105_0901~01fuka 2007年に出雲おろちサーフに入会。連盟在籍8年目。年間を通して良型キスを狙って釣行しており、キスの自己記録は29.6㎝。一方でキスの数釣りにもこだわり、家の冷凍庫を釣ったキスで一杯にして、四季を通してキスを美味しく食べる楽しみにもこだわる。 ホームグラウンドは、出雲市~境水道~弓ヶ浜(美保湾)だが、江津市~浜田市まで遠征することもある。
島根県飯石郡飯南町在住。
 協会大物事務局長・クラブ会長  岡本 年彦
okamoto
2009年出雲おろちサーフ入会で連盟会員となる。以後在籍年数6年目。
2014年島根協会設立と同時に島根協会事務局長・出雲おろちサーフ4代目会長に。自身の釣りスタイルは『四季を釣る』。夏はキス、冬はカレイと、四季折々の魚を狙って、嫁サン!と時間さえ許せばどこへでも釣行している。主流はサウスポーの投げ釣りだが、状況によりルアーFや、遠投かご釣りで対象魚を狙う一方、気分転換(?)の渓流釣りもする、正に釣り以外に趣味がない…会員。また、最近はキャスティングの練習にも余念がない。
島根県益田市在住。
 協会事故防止部長 環境部長  土井 公明
140103_153801doi
 
2011年出雲おろちサーフに入会と同時に連盟会員。在籍年数3年目。
漁師の父親の影響と、自宅裏が日本海に注ぐ、連盟対象魚も豊富な河口という羨ましい居住環境で育ち、幼少時から投げ釣りやソルトルアー、エギング等の海釣りに親しんでいた。投げ釣りを本格的に始めたのは連盟入会。今後も恵まれた環境を生かして連盟対象魚の釣りを楽しみ、釣果情報を投げ釣り仲間に情報発信して島根協会を盛り上げていきたい。
山口県萩市田万川町在住。
 
   蔵増 祐一朗
DSC_0829 2013年2月に出雲おろちサーフに入会、連盟会員に。在籍2年目。投げ釣りの経験は浅いが、萩市須佐湾などを中心に釣行をしている。現在の目標は、先ずはキス・カレイのワンランク制覇を目標としている。
山口市在住。
   黒見 信博
kuromi
“楽しく釣って、美味しく食べて”をモットーに投げ釣りを続けてきたが、2014年1月に連盟設立と同時に満を持して出雲おろちサーフに入会。
主なターゲットはキス。ホームグランドは島根県出雲市を中心とした県東部一帯。昨年も目標の尺ギスを狙い続け、気がつけばトータル1,500匹余り。目標はあくまでも尺ギスに拘りたいが、連盟会員として先ずはランク魚1匹を目指し、クラブ、協会を盛り上げたい。
島根県雲南市在住。
   秋山 純一
無題
 本年1月、島根協会設立と同時に出雲おろちサーフに入会。専ら、キス釣りをメインに島根県出雲市周辺の海岸で楽しんでいますが、自己評価はまだまだ素人の域を脱していない様で。HPで拝見する皆さんの素晴らしい釣果に、良い意味での刺激をいただきながら、レベルアップを図りたいと思っています。師匠は、同時入会の黒見さんです。先ずは、目指せワンシーズン1000匹!!
島根県出雲市在住
   山根 眞信
%e5%b1%b1%e6%a0%b9%e7%9c%9e%e4%bf%a1%e3%81%ae%e5%86%99%e7%9c%9f
きれいな山陰の海でキス釣り主体のサーフキャスティングがしたくてクラブの門を叩く。
クラブ仲間から”鱚キラー“ と呼ばれる度にアドレナリン体感しながらキス釣りに熱中してい ます。
キス独特の小気味よいアタリと、ランク魚ともなると❛渚の女王❜に相応しいパールピンクのナイスバディな魚魚体に魅了されています。
また、サーフ以外にも、渓流 鮎 ワカサギ ヘラ マイボートでの船釣 りとオールラウンドに釣りを楽しむミドルエイジ。唯一の悩みは、仕事が多忙で釣行時間が十分取れないこと。
山口県宇部市在住。
  森田 大輔
045
2014出雲おろちサーフに入会と同時に連盟会員となる。4代目会長、岡本氏とルアーFを主に釣行していたが、岡本氏から聞く投げ釣りの話しに興味を持ち投げ釣りを始める。
投げ釣り初心者だけに知識は無いが、岡本氏も感心する程の研究心で釣技のレベルアップを計っている。 本人いわく、人見知りな所がある為、皆さんと仲良なるのに時間がかかるのが悩みらしい。
本田兼一
honda
福岡県福岡市に生まれ育ち、山口県宇部の会社に就職。
小さい頃から釣りが好きで、就職後山口県長門、萩で春秋アオリイカ、夏キス、冬メバル釣りをしています。
現在小学生の子供が2人いるので、休みの昼間の釣りは、子供達を連れて1人で行くのは、夜間の釣りになることが多い。 九州の実家に帰ったときは、実家に子供達をあずけ佐賀県唐津方面に釣りに行っている。
山根さんと知り合って、クラブ入会を勧められ本格的にサーフでの投げ釣りを始めようと思い入会。
宇部市在住
  齋藤 遼
saitou
所属する環境NPOで海岸のクリーンナップと釣り教室を企画し、島根協会に共催を依頼したことをきっかけに、2015年おろちサーフ入会、連盟会員となる。
幼少期より、投げ釣りの他に、ソルトルアー、渓流釣り、磯釣り、さらに海外への怪魚釣行と一通り の釣りに手を出しているが、マイブームがコロコロと変わるため、どの釣りも大して上達しないまま現在に至る。
2014年に関西から益田に帰省して以降、毎日のように釣りができる恵まれた環境の素晴らしさを改めて実感し、この釣り環境を後世に伝えるために活動していきたいと思っている。
益田市在住