トップページ

2014ajscf--1405734532-600-338-202
      
      
      

  『島根協会キス釣り大会+クリーンナップ』開催のご案内

 
■開催日:9/9(土)正午~10(日)午前8時30分まで<審査会場必着>      
■開催地:山陰海岸一帯
■審査会場:島根県益田市持石海岸(ふれあい広場駐車場)
■審査基準:<本賞>シロギス3匹長寸
■表彰:1位、2位、3位      
■大会ルール:      
・本大会は受付無しの各自自由出走(開始時間は厳守下さい)      
・一人竿4本まで      
■参加費用:一人1000円(一般参加者とも)      
女性と高校生以下は一人500円      
会員以外の方は、島根協会員を通じての申し込み、もしくはホームページのお問い合わせからメールにて申し込みください。      
      
      
      

 第1回『小池杯キス釣りの集い』のご案内

>従来、8月末に開催しておりましたGACサーフ主催の琴ケ浜でのキス釣り大会は、今回から   『小池杯』として新たなスタートを切り開催させて頂きます。
長年の、琴ケ浜での開催実績と、これまでの大会では無かったキスを釣り過ぎないための50匹早上がりルール、釣ったキスを美味しく頂く大会後のパーティーなど、画期的な大会(集い)であり、これこそ、「楽しみを釣る」の原点の大会(集い)だと思います。
■開催日:8/27(日) 5:30AM集合      
※琴ヶ浜駐車場      
■開催場所:島根県大田市仁摩町馬路 琴ケ浜      
■競技内容:6:00AMスタート      
シロギス50匹を釣り上げた方から集合場所に戻る (早く釣り上げた方から順位を決定) 9:00AMに終了      
■参加費用:食材費(賞品代含む)として、お一人500円(当日集金)      
賞は1位のみです(基本)
■参加申し込み:運営上の都合から、8/20(日)までにご連絡、書き込みをお願い致します。
大会終了後は、例年通り釣ったキスを調理して、料理を食べながらの懇親会を行ないます。      
もし可能であれば、皆さまからの差し入れもお願いできればと思っております。      
(包丁、まな板、ガスコンロ、そうめん など)      
また、一般の参加者も募りたいと思っておりますので、お声掛け頂けましたら幸いです。
      
      
      
   

    

      

益田川清掃活動への参加報告

 
 7月17日の海の日、島根協会所属の出雲おろちサーフ会員(益田市在住会員)3名で、益田市料理飲食業組合青年部さん主催の益田川下流域の一斉清掃に参加しました。
 この清掃活動は「清流」として著名な高津川の横を流れながらも、水質やゴミなど環境に問題を抱え地元民の間でも「汚い川」という共通認識のある益田川もそろそろ何とかしよう―との思いの下、5年前から始まったものです。
 現在では年に三回、夏に飲食業組合青年部、秋と冬にNPO法人アンダンテ21が主催し、市民や企業、漁業関係者等の協力の下、益田川河川敷の一斉清掃が行われているものです。
 今回の清掃活動には 6団体70名以上の参加でしたが、この活動を通じた益田川の環境に対する意識の高まりが、いずれは高津川の環境保全にもつながるものと思い、益田市在住のクラブ会員が参加しました。
 島根協会としてはこの度が初めての参加でしたが、一番海に近い河口部を担当することとなり、海から上がってくる漁業ゴミやペットボトル、海外の生活ゴミ等は大量でした。
      
猛暑の中、一通り担当エリアのゴミ回収を終えて集合場所に戻ろうとしたときクラブ会員が益田川で何かが体に絡まっているのか不自然にもがいている海鳥を発見し、タモ網を使ったりしてなんとか海鳥を岸壁に引き上げると、やっぱり…海鳥の足にはルアーの針(トリプルフックという針部分が3本組)が複雑に刺さっており、釣り糸も体に絡んでいたのでした。
 クラブ会員が四苦八苦の末に何とか針と絡まっていた釣り糸を外し、現場に到着した県担当者に保護依頼して引き渡しましたが、危険を伴う釣具の取り扱いや後始末、釣り人のマナーアップについてクラブ会員3名も改めて痛感させられた出来事でした。
この海鳥の足に刺さっていたルアーの針は、まだ新しいフローティングミノーに付いていたものでしたが、ライントラブルによって切れたのか、または掛かった魚に切られて魚の口から外れたものが鳥に絡んだのか…決して故意で捨てられたものではないことを信じたいものです
故意でないロスト(根がかり、ラインブレイク)等は、どんなにマナーの良い釣り人でも起こってしまう事なのですが、意ではないロストでもその仕掛けは確実に環境に負担をかけており、時にこのような悲劇を生む―ということを、痛々しい海鳥の姿を見て改めて実感させられました。
 根がかりやラインブレイク時は、その瞬間はつい頭に血が上ってしまいますが、むしろ自身の腕の悪さと、故意ではないにしろ自分の遊び場を汚してしまったことを反省しなければならないとも感じました。
      
 
当クラブ主流の釣りスタイルの投げ釣りも、専ら底を釣る釣りなので根がかり等のロストはつきものなのですが、各々が出来るだけ不意のロストを防ぐ努力の積み重ねによって中に残される鉛や釣り糸はぐんと減ってきます。
 釣りの流行がどんどん細糸・繊細志向になっている今だからこそ、今一度、釣りを愛する人として自分たちに出来ること・するべきことを真摯に考えてみる必要があるのではないでしょうか
話はゴミ回収活動に戻りますが、クラブ会員が海鳥の救出作業に関わっていた間に、上流区域の回収清掃はとっくに終わってしまっていたようで、回収ゴミ集積場所に戻ると他の参加された皆さんは既に解散しておりました。
 この日回収したゴミは総量で200㎏程度でした。
      
      
 
      
      
      
      
      
      
 

 全日本キス選手権大会

 7月2日 全日本キス選手権大会が開催されました。 島根協会から、大田会場、田万川会場、呉会場、柳井会場の4会場へ参加しました。 大会成績は、全日本サーフキャスティング連盟の大会広報で御覧ください。     
      

大田会場での検量風景

大田会場での記念写真

      
      
      

『高津川の夕焼け』

 ~清流に育まれた投げ釣り天国〜

 吉賀町の大蛇ヶ池を水源とし、全日本サーフキャスティング連盟島根協会本部のある益田市を流れ日本海に注ぐ清流「高津川」。
水や水産資源の供給だけではなく、古くは貿易の拠点として、常に当地の産業や文化の中心に在り続けてきた大河です。
私たちのメインフィールドである海にまで、この川の恩恵は及んでいます。
高津川と、隣を流れる益田川の河口に挟まれた中須海岸には、大型のチョウセンハマグリ「鴨島はまぐり」が棲息し、日本屈指の漁場となっています。
川が運んできた上質の砂や山からの栄養分が、大ハマグリを育んでいるのです。
そしてもちろん、シロギスをはじめとする連盟対象魚にとっても、素晴らしい環境であることは言うまでもありません。
      
      
      
 

大阪協会50周年記念大会 参加報告

平成29年5月14日
大阪協会50周年記念大会に参加してきました。
審査会場は淡路島 兵庫県立淡路島公園です。
 

審査風景です。

参加者全員での記念撮影です。
島根協会を代表して参加しました。
本日の釣り場、仮屋漁港です。
大会関係者ではなく、の20組ぐらいのファミリーがおられました。
波止でたくさんの人が釣りを楽しんでいる光景はなかなか見れません。
      
      
      
      
      
      
      
 

 平成29年度 島根協会 新年総会

平成29年度の島根協会新年総会を実施しました。
会場は、毎年お世話になってます、『弥栄ふるさと体験村』です。
今回は、子供達も参加?してくれました。
      
      
議題は、昨年度の結果報告並びに本年度の計画です。
本年度の大会予定等は、別紙にて掲載します。
一般の方の参加が可能な大会もございますので、
興味のある方は、ご連絡ください。
      
 
懇親会もたくさんのお料理を提供していただき、大満足でした。  
宿泊先は、古民家を改装した大きな一軒家で、以前は病院として使用されていたそうです。
囲炉裏を囲んで2次会を開催。
しかし、明日は釣り大会を予定してますので、早めに切り上げて大会に備えました。
    
      
      
      
 12日の大会当日は、好天に恵まれ、朝は冷えましたが、日が上がるにしたがって気温も上がり 竿を出すのにはいい条件でした。
肝心の釣果ですが、まさしく『楽釣』 *楽しみを釣る*の言葉どおり、参加者の満面の笑顔が一番の釣果でした。
子どもたちも、こうしてマナーを覚える事によってて釣りの楽しさを感じてくれることでしょう。
 
 
 
大会審査後には、安全講習会を実施しました。
救命浮きを投げて、どのくらいの距離へ届くのかを実験してみました。
      
      
救命浮きの付属ロープは約15m程度。
大人が投げて、15mの長さすべて出ました。
      
      
また、海へ落ちた際のロープワークも個々に練習をしております。
ただ、実際には釣行時には救命胴衣を身につける、20m程度のロープは車に積んでおく、
溺れた人を見たら、水くみバケツが役に立ちます。溺れた人を安心させるためにも、常に準備をしておく事が大切でしょう。
   

最後に参加者全員で今年度の無事故を祈願して浜田港にて記念撮影をして新年総会並びに初釣り大会を終了しました。

      
      
      
      

新年明けましておめでとうございます。

 

昨年同様、本年も 

全日本サーフキャスティング連盟 島根協会 

をよろしくお願いします。

全日本サーフキャスティング連盟 島根協会 協会長  下 瀬  政 記

      
      
      
      
 
 

2016年度 島根協会納竿大会

12月10~11日にかけて、島根協会納竿大会を開催しました。
島根協会は、山陰側と山陽側に分かれて納竿大会を実施しています。
 
当日の優勝魚です。  
山陰側での釣果です。  
 
 
1481808579385
 
山陽側の参加者です。  
 

2016noukann

無事に納竿大会を終えることが出来ました。  
 

 来年度も「楽釣」:楽しみを釣る の精神を持って、 

新たな気持ちで協会行事を実施していきたいと思います。

全日本サーフキャスティング連盟 島根協会 協会長  下 瀬  政 記

 NPO法人 アンダンテ21主催 中須海岸釣り教室 参加報告

 
 
9月25日に、島根県益田市にて「NPO法人アンダンテ21」主催の中須海岸釣り教室へ島根協会のメンバーがお手伝いに行ってきました。
好天に恵まれ、波も無く絶好のキス釣り日和でした。
一拾一釣 一捨一逃 (ひとつ拾えば一匹釣れて、一つ捨てれば一匹逃がす)
海岸のゴミを拾って少しでもきれいな海岸を残そうという思いで参加者全員でゴミ拾いを実施し、釣り教室を開催しました。
ただ、思いのほかキスの食いが良くなく釣果が危ぶまれましたが、何とか参加者全員が釣ることが出来、一安心でした。
 

1474854898387016

14501952_1756992277846833_786055056_n

14501874_659031607586872_1461548510_n

14483876_659031604253539_464353109_n

015 14528209_659031620920204_1299739776_n

14527645_659031617586871_593337318_n

14508726_1756992281180166_589123778_n

14543408_659031624253537_1835377679_n 1474804393631

      
      
      
      

出雲おろちサーフ20周年記念大会 報告

      
      
9月9日~10日にかけて出雲おろちサーフ結成20周年記念大会を開催しました。
ご参加いただいたみなさん、お疲れさまでした。
お陰様で楽しく笑いに包まれた記念大会をすることが出来ました。
総体的にキスの活性はシブかったのですが、益田市の大浜漁港で型揃いのキスを釣っていた小池さんがキスの部で優勝。
      
      
043
      
      
他魚大物部では渡船で磯上がりした岡本会長が良型アコウを2匹釣って優勝。
      
      
041
      
      
いつも通りのワイワイ爆笑のうちに審査、表彰が終了し、夕方からの山々に囲まれた「ふるさと体験村」の古民家でのBBQと、その後の二次会も終始大爆笑で、時間も忘れるほどの楽しいものでした。
久しぶりの高級魚アコウの刺身も絶品でした。
      
      
045
      
      

      
      

GACサーフ 主催 キス釣りの集い 結果報告

      
      
本日、島根県太田市琴ヶ浜にてキス釣りの集いを開催しました。
雨が予想されていましたが、スタートから終了までなんとか雨が降らずにすみました。
海は前日の大時化からいっぺん、凪に近い状態でコンディションは最高かと思われました。
スタート直後からキスのアタリがあり、今日は50匹早上がりはどれぐらいの時間になるかな?と思ってましたが・・・・・
アタリが続いたのはスタート直後で、それからはアタリが遠のき激シブ状態になりました。
各選手とも、遠投・近場・波打ち際と探るも、なかなかキスのアタリがありません。
残念ながら参加者全員、早上がりは出来ませんでした。
それでも、参加者全員で釣り上げたキスを捌いて美味しくいただきました。
これも、GACサーフキス釣りの集いの楽しみの一つです。
また来年も楽しみを釣りに行きましょう。
  20160828琴ヶ浜1
      
      

 GACサーフ主催『2016年キス釣りの集い』案内について

 

【開催日】  828日(日)午前530分集合

       

【開催場所】 島根県大田市仁摩町琴ヶ浜

       

【競技内容】 スタート時間 午前6

シロギス50匹を釣り上げた方から集合場所にお戻り下さい

早く釣り上げた方から順位を決定致します

午前9時になりましたら終了です

 

【参加費用】 食材費(賞品代含む)としてお一人500円をご負担頂きます

 

競技終了後、釣ったシロギスをみんなで調理して食して頂きます。

舌鼓を打ちながら、投げ釣りの話題で盛り上がりましょう!!

 

初心者の方からベテランの方まで、投げ釣りが大好きな方は是非ご参加下さい。

 

 

      
      

第2回島根協会キス釣り大会結果

 

梅雨真っ只中ではありますが、参加下さった皆様方の日頃の行いが良かったせいか、山陰海岸は雨も降らず、また灼熱地獄のような暑さも無く、キス釣りにはもってこいの天候に恵まれた島根協会キス釣り大会となりました。

結果は、『本賞』では3匹とも20センチオーバーを揃えた太田様が、初参加で優勝の栄誉を勝ち取られました。おめでとうございます。また、『な~んと重いで賞』は、参加された皆様が悩まされたピンギスを相手にせず、きっちり型を揃えた森田様が優勝されました。おめでとうございます。

そして大会終了後は、日頃釣りでお世話になっている海岸を代表して、大会審査会場となりました持石海岸を、参加された皆様で感謝の念を持ってゴミ拾いを行いました。

綺麗な海と砂浜は、綺麗なままにしておきたいですよね。

 
優勝者  太田さん
P1020204 (2)
『な~んと重いで賞』 森田さん
 P1020210 (2)
参加者全員でクリーンアップ作戦を実施しました。
いつもきれいな海岸で、だれでもが安心して遊べるように心がけたいものです。
P1020222 (2)
 
 
 

 第2回 島根協会キス釣り大会 開催のお知らせ

田植えも終わり、さわやかな風が青田を渡る季節になりましたが 皆様、如何お過ごしでしょうか?
この度、第2回島根協会キス釣り大会のご案内をいたします。
忙しいと思いますが、ご参加下さいますよう宜しくお願い致します。
【 大 会 案 内 】
協会キス釣り大会
開催日)平成28年7月9日正午~7月10日午前8時まで
開催地)山陰海岸一帯
審査会場)島根県益田市持石海岸【ふれあい広場駐車場】
審査基準)【本賞】シロギス3匹長寸
【なーんと重いで賞】キスの総重量
大会ルール)本大会は7/9正午受付無しの各自自由出走
釣り場は山陰海岸一帯とし1人竿4本までとする。
翌7/10午前8時迄に審査会場へ集合し到着した者から速やかに審査員の所へ行き審査してもらうこと。
(審査される方は審査員に長寸か重量かどちらか伝え、審査してもらうこと)
※ 待機中は一般の方も居られるので配慮すること。
 参加費) 1人1000円 一般参加者共
(婦人(女子)高校生以下)1人500円
表彰)大会参加者数にもよるが【本賞】1位~2位程度
【なーんと重いで賞】1位~2位程度と考えている。
期日)大会参加者(一般参加共)は6/30迄に各クラブ会長へ報告し大会参加費を渡して下さい。
一般参加希望の方は、クラブ員を通じて申し込みください。
  
競技終了後は、これも恒例の連盟推奨の『クリーンアップ作戦』を開催予定です。
  
大会責任者)出雲おろちサーフC・C 会長 岡本
 

島根協会 新年大会

平成28年3月12日~13日に島根協会の新年総会と新年釣り大会を実施しました。
優勝は、46cmのアイナメを釣り上げた、下瀬協会長
カレイを釣り上げたのは、GACサーフの三角さん
011
 
 
 
事故防止講習の様子
ロープを使って、もやい結びの練習をしています。

017
     
 
新年総会の開催場所として使用している、浜田市の弥栄ふるさと体験村 http://www.yasakataikenmura.jp/です。
003
         
 
~全日本サーフキャスティング連盟島根協会の公式ホームページをご愛読の皆様へ~
いつもご覧頂き、誠にありがとうございます。
我々「しまねえのみやサーフ」は、「出雲おろちサーフキャスティングクラブ」の皆様とともに、
より楽しい投げ釣りを目指し、肩ひじ張らずに活動して参りました。
この度、更なるステップアップを目指し、クラブ名称を変更致しましたのでご報告させて頂きます。
従来に引き続き、ご支援ご愛顧を賜りたく、宜しくお願い申し上げます。
■新名称:GACサーフ
(Global Anglers Community サーフ)
■理由:クラブ会員のお住まいが、島根県だけではなく、広島県(一番多い)
や大阪府と広範囲になっており、『しまね』を冠する名称では違和感がある。
今後、現会員が仕事の関係で他の都道府県に転勤されるケースも考えられるが、
引き続き我がクラブに留まって活動しやすい環境をつくる。
また、今後入会したい方が島根県の方しか入れないクラブと勘違いされることを防ぐ意味もあります。
しかしながら、メインの活動拠点が島根県を本拠地にすることに変わりはございません。
■変更時期:2016年1月1日から
GACサーフ クラブ代表:西村 孝